大人ニキビの跡をケアするならエステがおすすめ

学生時代にできた跡が治らない

治らない

10代の頃から油肌でいつもあぶら取り紙が手放せませんでした。

しかし、その頃は知識もなく脂がなくなるほど何枚もあぶら取り紙を使って脂を拭き取っていました。

それが逆効果で脂がなくなると肌を守ろうとしてまた大量の脂が出てくるのです。

中学生、高校生時代の写真はいつもテカテカの顔写真で写真があまり好きではありませんでした。

友達の顔が近くにくると自分の肌を気にしてよけていました。その内にこめかみにのところにニキビが沢山出来るようになっていました。

Tゾーンはテカテカで、こめかみ部分はブツブツのニキビで思春期の私にとっても大きな悩みでした。

気にして触ったり潰したりすることでニキビは治りが遅く、さらにはニキビ跡になってしまっていたのです。

その範囲が広がって横の髪の毛で隠せていたのが隠せなくなって、対策をしなければと思うようになりました。


雑誌で知ったエステに通い始める

エステ

アートビューティーというエステに通い始めました。

何かの雑誌でビフォー・アフターの写真をみて私もこうなりたいと思ったのがきっかけで、すぐに予約の電話をかけていました。

とりあえずはカウンセリングをするという事でお店へ来店しました。カウンセリングをしていく中で必ず綺麗になれますからという言葉を信じて契約することに決めたのです。

ただ自分で出来る対策もあって、化粧をしたりすることは極力避けて日焼け止め程度の下地で化粧はしないことという肌が良くなるまでは化粧禁止が出ました。

後は睡眠を十分に取ることと、規則正しい生活をして直射日光で紫外線に当たらない事を注意されました。

夏の時期はどうしても汗をかくこともあり日焼け止めが取れてしまいがちだし、太陽の下にいて紫外線を浴びることも多かったので注意するのは大変でした。


赤みが目立たなくなりました

喜び

月に2度ペースでエステに通うようになって、肌へのスキンケアの仕方が変わりました。

前まではごしごし脂が落ちるように洗っていた洗顔も優しい泡で包み込むような泡の力で汚れを浮かせるような洗顔の仕方に変わったり、保湿を十分に取ったりするとことや油っぽい料理は避けることなどを実施して少しずつですが、肌も変わってきました。

 関連記事ニキビ跡の残った肌に合った洗顔方法とクレンジングの使い方

大きなニキビが出来なくなったのです。

赤ニキビというのか大きなニキビが繰り返し出来ていたのに出来ても小さなニキビに変化してきました。

そして潰さない触らない事を忠実に守りニキビ跡対策をしていきました。

やはりニキビ跡は目立たなくなるけれど完全に消えることは出来ず、ぼこぼこのお肌のまま残ってしまっています。

エステに通い続け半年経ったころにはニキビは出来なくなりニキビ跡も赤みが引き目立たなくなりました。

一般的にニキビ跡というと、美容皮膚科などでレーザーなどを施術するイメージがありますが、即効性を求めるのであればその方が早いかもしれません。

私の場合は、限られた予算で実施できて、しかもリラックスできたり気分転換、さらにスキンケアなどを根本的に変えたいと考えていたので、高度な医療よりもエステのようなスキンケアやリフレッシュを基本にしたお店の方が合っていたと思います。

もしもストレスや不規則な週刊、さらに正しいスキンケア方法などで徐々に効果を発揮したい方はエステに行ってみるのもいいと思います。


ホームへ戻る 赤ニキビ跡の治し方は?短期間で改善するためのスキンケア